PIA DSP、フリークアウト社のパートナー企業向けイベントで「MOTHER賞」を受賞

ぴあがの運営する広告配信プラットフォーム「PIA DSP」が、10月17日に開催されたフリークアウト社のDSP構築ソリューションを導入しているパートナー企業向けのイベント「FreakOut OEM Partner Conference 2019」において「MOTHER賞」を受賞いたしました。

このカンファレンスはフロダクトを通して活躍するパートナーを表彰するとともに、プロダクトのアップデート情報を共有したり、パートナー同士の交流の場として開催されています。

本賞は、フリークアウト社が保有するユーザーの様々な行動データをDSPソリューションにて活用し、フリークアウト社以外の企業のデジタルマーケティングへの貢献において高い評価を受けた企業が選定・表彰されるとのことで、今回は、ぴあが運営する「PIA DSP」が選ばれました。

広告配信プラットフォーム「PIA DSP」について

「PIA DSP」は、「PIA DMP」が保有するぴあの約1,700万人にのぼる会員データや年間約15万公演・約7,000万枚のチケット購買および購買検討データ、そしてメディア「ウレぴあ総研」「ぴあ 映画生活」で蓄積された、嗜好性の高いオーディエンスデータを活用した広告配信プラットフォームです。2017年5月より正式に提供開始し、すでに約500社の出稿実績があります。

「フリークアウト社」について

クライアントのコミュニケーション課題においてフルファネルのマーケティングソリューションを提供しています。また、オリジナルブランドでDSP事業を展開したい企業様に向けてOEM提供による DSPシステムの構築支援も行っています。