「PIA DMP」、 Supership 社のアドプラットフォーム「ScaleOut」へのデータ提供を開始

ぴあ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:矢内廣)は、国内最大級のライブ・エンタテインメント/ レジャーのプライベート DMPサービス「PIA DMP」において、Supership株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長CEO 大朝 毅)が提供するアドプラットフォーム「ScaleOut」との連携を開始し、より効果的なデジタルマーケティングを支援します。

2017年5月に「PIA DMP」(※1)を本格提供して以降、ご利用企業社数は延べ500社を超えました。

ご利用企業は音楽/アーティスト・スポーツリーグ/チームのセグメントデータを活用したいエンタメ系企業、スポーツリーグ・チーム、通信キャリア、メーカー様と多岐に渡ります。

また、最近ではより精緻なデモグラデータを活用したいタバコメーカー/アルコールメーカー/外資系消費財メーカー様などのご利用も増えております。

今回の連携により「PIA DMP」が保有するオーディエンスセグメントを「ScaleOut」へ連携する事で、「ScaleOut」を利用する広告主のデジタルマーケティングにPIA DMPのセグメントデータを活用する事が可能です。

「PIA DMP」について

「PIA DMP」は、音楽・スポーツ・レジャー業界等コンテンツホルダーの広告・マーケティング 戦略、プロモーション活動、協賛・事業パートナー開発支援とともに、企業やブランド、自治体 を含むすべての皆様において、潜在・見込み客層の選定や分析、効率的なリーチや結果分析、リ アル・デジタルを通じた高いエンゲージメントを支援する、統合データマーケティングプラットフォームです。

「PIA DMP」のオーディエンスデータの特徴について

「チケットぴあ」約1,700万人(2019年3月現在)の会員データ(精緻なデモグラデータ)、年間7,000万枚を超えるチケット購入データ・購入プロセスデータ、アーティスト/ジャンル嗜好データなど、熱狂するファンのリアル行動データ、位置データ、嗜好性データを格納。また、メ ディア『ウレぴあ総研』『ぴあ映画生活』などにより蓄積した、嗜好性の高いオーディエンスデータ や、第三者のサービス・アプリなどから得られたオーディエンスデータを保有。

「Scale Out」について

「ScaleOut DSP」は、独自データを活用した高精度なターゲティング配信や媒体開示型の詳細なレポーティング機能によって、より効果的、効率的な広告運用を多様な広告フォーマットにて可能にする広告主向け配信プラットフォームです。データを基盤にしたインサイト分析でユーザーの見える化を図り、広告配信によるマーケティングを加速させます。

Supership株式会社について

Supership株式会社は、デジタル広告、データコンサルティング、VR事業など、データとテクノロジーを活用した事業を展開するデータテクノロジーカンパニーです。様々なスタートアップの共創体であるSupershipホールディングス株式会社の中核企業として、データとテクノロジーの力で世の中の解像度をあげていき、新たな価値をパートナーとともに共創していきます。

※1 個人情報を含まないデータを連携。